17億円の買い付け

一昨日の暴落で、「さわかみ投信」さんが

17億円の買い付けをしたそうです。

 

普通の人は、暴落が起こると

「どこまで下がるだろう…」

「今買ったら損をする…」と

怖くてなかなか買えません。

 

冷静な判断は出来なくなります。

 

でも、こうゆう時にシッカリと

買いを入れて頂いています。

 

しかも、ことの成り行きを見守りながら

ドカ買する訳でもなく冷静に…

 

そして、その事をその日の内に顧客に今後の方針を含めて

きちんと伝えてくれているところに「本物」を感じます。

 

これは、顧客がファンドの運用方針をしっかりと

理解していることが前提条件となって出来ることだと思います。

 

澤上先生がおっしゃる資金の質のお話しです。

 

運用方針を理解していない顧客の集まりだったら…

「何故、損切りしない!?」

「何で、この暴落相場で買うのか!?損が拡大する!!」

「基準価格が下がっているじゃないか!?」

と資金を一気に引き上げようとします。

 

最高の買いのチャンスの真っ只中にです…

 

これでは運用になりません…

 

船で言う所の乗組員がバラバラの状態です。

 

沈没してしまいます…

 

澤上先生曰く…

 

そんな人は同じ船に乗って欲しくないのだそうです。

 

「さわかみファンド」が直販のみにこだわる理由がここです。

 

「いざっ!!」と言う時に、運用する側と顧客が

同じ方向を向いていられるのです。

 

澤上先生の「さわかみ丸」の乗組員である

安心感と自信を感じます。

 

とても心強くてありがたい事だと思います。

 

本物の資産運用、本物の先生との出会いに

感謝、感謝です。

 

「この地球からお金の不安を消し去る為に今日も毎秒、全力で!!」

 

「みんなお金持ちになりますように」




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です