お金にがめついヤツ…?

投資の話しをしていると

「お金にがめついヤツ」と

言う目で見られます…

 

「株」と言う響きだけで

程度の悪いギャンブルの

話しをしているような目で

見られます…

 

でもパチンコの話しや

競馬の話しをしても

そうはなりません。

 

みんな楽しそうに話に

花が咲いています

 

周りも「ああ、パチンコするのね」

くらいに思いません。

 

「お金にがめついヤツ」とは

見られません。

 

宝くじもそう

 

パチンコや競馬をやらない人でも

宝くじを買う人は結構いると思います。

 

宝くじを買うことに

「悪いイメージ」を持っている人は

ほとんどいないと思います。

 

イメージ戦略の成果でしょうか?

 

宝くじを買っても

「お金にがめついヤツ」だと

思われることはまず無いと思います。

 

それどころか

「当たればいいね!!」と

周りも笑顔で言ってくれると

思います。

 

本当に当たったら

その笑顔はどうなるかは

わかりませんが…

 

何故か、投資の話しだけが

「がめつい」イメージを持たれて

しまいます。

 

この原因も最近、腹に落ちてきました。

 

悪いイメージを持たれるのは

仕方の無いことなのだと…

 

投資のイメージを変えることは

世の中を変えることになると思います。

 

なので、まともな投資で財産を築く人を増やし

かっこよくお金を使える人を増やして行きたいです。

 

そうなった時、我々一般生活者が

世の中を動かしていくことになると思うので。

 

投資に対するイメージを変えることイコール

世の中を変える力になります。

 

「この地球からお金の不安を消し去る為に今日も毎秒、全力で!!」

 

「みんなお金持ちになりますように」




コメントを残す