バビロン 第二の「知恵」

「バビロンの大富豪」の話しで二番目に出てくる

富を築くための「知恵」は

 

「自分の欲求と必要経費を混同しない」と言うこと。

 

私達が「必要な出費」と呼んでいるものは

自分で気をつけていない限り

必ず収入と等しくなるまで膨らみ続けます。

 

農民が畑の中に根を張ための場所を残しておけば

どこにでも雑草が生えるの全く同じように

叶えられる可能性が少しでもあれば

人間の欲求はいくらでも大きくなる

 

慣れてしまっている生活習慣を

もう一度よく見直す必要があります。

 

お金を使うときには、それが100%使う価値があるも

のでなければならない。

 

今、お金を払って買おうとしているものは

本当に「必要」なものでしょうか?

 

私が考える究極の必要なものとは…

 

「水や空気のように無ければ命に関わるもの」です。

 

空気は「タダ」です。

水もさほどお金はかかりません。

 

もし、お金が1円もなければ

近くの川にでも行けば水は手に入ります。

 

食料は…?

 

何も食べなくても1月くらい生きられることは

もう、誰もが知っています。

 

時々食べていれば、死ぬことはありません。

 

本当に「必要な出費」はほとんど存在しない。

存在しているのは「無限の欲求」です。

 

無限の欲求を有限なお金で満たしきることは出来ません。

 

人間の欲求をお金で満たすことは

お金があろうが、なかろうが最初から不可能なのです。

 

どんなにお金が増えても

「もっとお金があれば…」と言う感情が

消えることはありません。

 

近くの神社にこんなことが書かれたありました。

 

「富と海水は飲むほど乾く」…と

 

収入の9割以上は使わないこと。

 

その中で必要なものを買い、娯楽をまかない

 

一番大事な欲求が叶えられるようにお金を使うことです。

 

「バビロンの大富豪」第二の「知恵」です。

 

「この地球からお金の不安を消し去る為に今日も毎秒、全力で!!」

 

「みんなお金持ちになりますように」




 

コメントを残す