バビロン 第四の「知恵」

「バビロンの大富豪」の話しで四番目に出てくる

 

富を築くための「知恵」は

 

「損失という災難から財産を守る」です。

 

「バビロンの大富豪」のお話しでは

 

「元本を確保すること」とあります。

 

元本を確保するには現金にしておくしかありません。

 

でも現金は、今の金融システムの中では

 

確実に進むインフレのリスクにさらされています。

 

経済は長期的にはインフレに向かいます。

 

金融の仕組みがそうだから確実にインフレに向かいます。

 

なので現金の価値は時間の経過とともに下がります。

 

10年前、20年前、50年前、100年前と

 

物価はどうなったでしょうか?

 

他にも、現金は盗難や火災

 

お金が必要な様々な出来事から

 

守らなくてはなりません。

 

たかってくる人もいるはずです。

 

運よく長期に渡って色々な災難から

 

お金(元本)を守ったとしても

 

その時に物価が上がっていれば

 

お金の価値は失われます。

 

元本は運よく守られても

 

その価値は保障されていないのです。

 

この「バビロンの大富豪」で四番目に出てくる

 

「損失という災難から財産を守る」とは

 

リスクの意味を理解し

 

怪しげな儲け話に騙されないことです。

 

リスクは、理解すれば逆にお金が増えます。

 

怪しげな儲け話に騙されないようにするには

 

お金の本質を理解する必要があります。

 

もし、投資やお金について解らないのなら

 

知恵のある人に相談することです。

 

お金を扱って利益を生む経験を積んだ人に

 

助言をして貰うことです。

 

そうすることで怪しげな儲け話から

自分の財産を守ることが出来ます。

 

「この地球からお金の不安を消し去る為に今日も毎秒、全力で!!」

 

「みんなお金持ちになりますように」




返信を残す

必須項目には印がついています*