金融リテラシー

金融リテラシー

 

お金のことについて色々と調べていると

 

よく出てくる言葉です。

 

意味は、

最低限身につけるべき

金融や経済についての知識と判断力。

だそうです。

 

何もわざわざ解りにくい言葉を使わずに

 

「お金の知識」でいいと思うのですが…

 

金融リテラシーと言う言葉が出てくる

 

文章を読んでいると…

 

この金融リテラシーが低いことにを問題視する

 

文章がよくあります。

 

でも、そんな知識を本当に必要としている人

 

この「金融リテラシー」と言う言葉を使って

 

書かれた文章は届かないと思います…

 

最近、貧困が問題になっていますが…

 

貧困で苦しんでいる人に

「金融リテラシーが大事だよ」とか…って

 

多分、「自分には関係の無い話だ」とか

 

思ってしまうのではないでしょうか…

 

ああゆう文章って誰のために書いているんでしょうか…

 

とか思ってしまいます…

 

「お金の知識」って言う方が

 

圧倒的に興味を示すと思うし

 

一発で何を言いたいか伝わると思います。

 

こうゆう大事なことはそれを問題視している人達に

発信するのではなく

 

問題を抱えている人に届くように発信するのが

いいと思います。

 

解りにくい言葉は少ない方がいいと思います。

 

世の中、子供でもわかる文章だけだったら

 

みんなもっと賢くなると思います。

 

みんなもっと過ごしやすくなると思います。

 

「この地球からお金の不安を消し去る為に今日も毎秒、全力で!!」

 

「みんなお金持ちになりますように」




コメントを残す