世界の借金

国際決済銀行(今の金融システムの頂点)のデータによると

 

政府と民間を合わせた世界全体の債務は

 

2016年末時点で約1京8000兆円だそうです。

 

とんでも無い額です…

 

そして、その額も加速度的に増加しているようです。

 

それもそのはず…

 

問題なのはこの借金の額ではなく

 

その借金の仕組みが問題です。

 

今の金融システムがある限り

 

世界から借金が消えてなくなることは

 

ありません。

 

たとえ無借金の人(個人)がいたとしても

 

その人が住んでいる国や企業が

 

借金を抱えています。

 

なので日々の生活で消費の機会のたび

 

間接的にその借金を払うことになります。

 

世界はこの借金のシステムで構成されています。

 

そして、その借金の反対側にはそのお金を

 

貸し付けている「債権者」達がいます。

 

この仕組みを作った人達です。

 

何も知らないでいると、この椅子取りゲームの中で

 

なんで、普通に生きているだけなのに

 

こんなにシンドイのだろうか…

 

と思うはめになります。

 

「この地球からお金の不安を消し去る為に今日も毎秒、全力で!!」

 

「みんなお金持ちになりますように」




コメントを残す