景気は良くても低賃金?

企業が溜め込んでいるお金が

 

また過去最高を更新したそうです。

 

前年同期比11.2%増の417兆円だそうです。

 

凄い伸びです。

 

この数字は四半期に一度調査している

 

数字のようですが毎回、過去最高を更新しています。

 

いつも言うことですが、日本の企業は

 

儲かっています。

 

物凄く。

 

そして、興味深いのはそこだけではありません。

 

企業の収益がどれだけ労働者に

 

配分されたかを示す「労働分配率」は

 

43%台で、この数字は

 

歴史的な低水準だそうです。

 

「はたらけど、はたらけど」

「猶わが生活楽にならざり」

「ぢっと手を見る」

 

です。

 

企業がお金を溜め込むのは当然のことであり

 

良いことだと思います。

 

溜め込んでいるお金に対して

 

「ワーワー」騒ぐのはお門違いだとも思います。

 

政府がそこに税金をかけたり

 

吐き出させようとしている考えも

 

理解出来ません。

 

企業がその価値を高めようとするのは

 

当たり前なことであり自然なことです。

 

お金を貯めこむのは企業だけでなく

 

我々生活者も同じで、将来の不安に備えて

 

貯金するのと全く同じことです。

 

貯金が多くて困る人はいないと思います。

 

企業も同じです。

 

そのお金を

 

「よこせ!」、「吐き出せ!」、「貯めこむな!」

 

と言う騒ぐのは違うと思います。

 

その企業の株式を保有すれば

 

全てが解決します。

 

誰の懐も痛ませることなく

 

その利益を共有できます。

 

このわずかな違いは、大きな違いです。

 

一生懸命働くことはとても大事なことですが

 

豊かな生活とイコールとは限りません。

 

生活の質は自己責任です。

 

企業の責任ではありません。

 

「よこせ!」、「吐き出せ!」、「貯めこむな!」は

 

強要だと思います。

 

責任放棄だとも思います。

 

「この地球からお金の不安を消し去る為に今日も毎秒、全力で!!」

 

「みんなお金持ちになりますように」




返信を残す

必須項目には印がついています*