軍産複合体

朝鮮半島の緊張が落ち着いてきと思ったら

今度は、イランです…

 

私がいつも参考にしているネットの記事に

アメリカのイラン攻撃の可能性について

書かれていました。

 

アメリカはイランを追い詰め

イランに核開発を再開させるように仕向け

それを口実にして戦争を仕掛けるつもりかも

しれません。

 

アメリカは最初からイランに対して

問題解決を迫るつもりは無いようです。

やりたいのは戦争。

ただの「当り屋」です。

 

この間まで北朝鮮と戦争になるかもと

思われていましたが…

 

アメリカは北朝鮮を攻撃するにはリスクが

大きすぎます。

 

核を持っている北朝鮮を相手に戦争をすれば

アメリカも無傷ではすみません。

 

北朝鮮に対して強い態度をとっていますが

結局は北朝鮮とは戦争は出来ないのだと思います。

 

ここに来て、北朝鮮との戦争の可能性は

低くなってきましたが、今度はイランです。

 

アメリカは歴史的にみて定期的に戦争を行ってきました。

それは、景気回復の為だとも言われています。

 

アメリカは過去に何度も、戦争で景気回復を

しています。

 

アメリカにとって戦争は公共投資だとも

言われています。

 

アメリカ政府が直接契約している軍事関連企業は

14万社以上あると言われています。

戦争をするとアメリカは凄く儲かります。

 

イランは米国に届く核兵器を持っていません。

なのでアメリカ本土が被害を受けることはありません。

 

以前は中東で戦争が起こると原油価格が暴騰して

世界経済は大混乱に陥ると考えられてきました。

 

なのでアメリカはイランに強く出られませんでした。

でも今はアメリカはシェールオイルの生産拡大で

原油輸出国です。

 

中東で戦争を起こして原油市場が

暴騰するようなことになっても

アメリカは困りません。

 

イランに戦争を仕掛けてもアメリカは

負けることは無いし、核兵器を持っていないので

怖くありません。

 

アメリカにとって負けることのない戦争で

大もうけが出来る…

 

北朝鮮の時よりは戦争のリスクは高いと

言えると思います。

 

もし、戦争が起これば原油価格は高騰して

激しく物価が上昇ことになると思います。

 

物価が上昇したら、日銀は金利を引き上げて

対策することになりますが、膨大な借金がある

日本はそれが出来ません。

 

物価が大きく上がっても金利を

引き上げられなければ、物価の上昇に歯止めを

かけることが出来ません。

大変なことになります。

 

お金の為に、あっちこっち戦争を

ふっかけてあるくの…やめて欲しいです…

 

「この地球からお金の不安を消し去る為に今日も毎秒、全力で!!」

 

「みんなお金持ちになりますように」




返信を残す

必須項目には印がついています*