誰が幸せか

お金の事を調べていると

どこかのタイミングで

ユダヤ人が登場します。

 

なので、ユダヤ人について

色々と調べたことがあります。

 

その中に、ユダヤ人ジョークが

あります。

 

これが面白い。

 

その中の「誰が幸せか」と言うおはなし。

 

昔、東ヨーロッパのユダヤ人街では

貧乏人とお金もちとロシアの皇帝は

どのように違うかこう説明されていた

 

貧乏人は週に一度

金曜日に新しいシャツに着替える

お金もちは毎日、新しいシャツを着る

 

ロスチャイルド男爵は

日に三回シャツを着替える

 

ロシアの皇帝は、お付の者がいて

休む間もなく、ひっきりなしに

新しいシャツに着替えている。

 

貧乏人は、朝早くおきて朝食をとる。

 

お金もちは朝十時まで寝て

そして朝食をとる。

 

ロスチャイルド男爵は午後二時まで寝て

そして朝食をとる。

 

皇帝は丸一日寝て

翌朝、朝食をとる

 

貧乏人が昼寝をするときは

妻が起こすことになっている

 

金持ちは寝室の外に

召使がひとり立って

昼寝の邪魔をされないように

番をしている

 

ロスチャイルド男爵になると

十二人の召使が家じゅう番をしていて

誰も物音をさせないように見張っている

 

皇帝は寝室の前に

一個連隊の兵隊が立って

大声をはりあげて

「静かにー!!、静かにー!!」と

叫んでいる。

 

面白いです。

 

アメリカンジョークと言う言葉を

聞いたことがあると思います。

 

日本人にはその面白さが

分からなかったりしますが

結構、ユダヤ人ジョークの影響を

受けているものがあります。

 

分かるとその笑いの意味が

分かります。

 

他にも笑えるジョークが沢山あります。

 

もう一つ、ユダヤ人ジョークを

 

ユダヤ人は鼻が大きい

何故か?

空気がタダだから。

 

「この地球からお金の不安を消し去る為に今日も毎秒、全力で!!」

「みんなお金持ちになりますように」

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です